ページトップへ
Kenkoをデザインする

Kenkoをデザインする

「家の健康」をデザインする

丈夫で長持ちする家は、幸せを生み出すもう1つの大切な要素です。エアサイクル工法は、躯体内の乾燥を維持し、メンテナンスを容易にする仕組みによって、「家の健康」をもたらします。

「人の健康」についてもっと詳しく

「長寿の家」についてもっと詳しく

kenko design

 

家の健康

「丈夫で長持ちする家」は水分が大敵

家族が長く幸せに暮らしていくためには、住む家の安全・安心が確保されていることは大前提になります。言い換えると、丈夫で長持ちする家づくり。そのためには、構造計算で安全を確認したつくりとすることと、躯体を長く健康な状態で維持していくことが求められます。

木造住宅にとって健康の大敵になるのが水分です。空気内の湿気や壁体に生じる内部結露は、腐朽菌やシロアリの発生を促し、木材の耐久性低下に結びつきます。10年、20年と経つうちにボロボロになった木材は、室内環境に悪影響を及ぼすばかりでなく、建物の構造体の危険性も高めます。

木材を健康な状態に保つために不可欠なのは、乾燥した状態を維持すること。そのためには、水や湿気の浸入を防ぎ、もし入り込んだら乾かす仕組みを用意しておくことが重要です。

 

エアサイクル工法の壁をはがしてみると、きれいな状態の木が現れました。

エアサイクル工法の壁をはがしてみると、きれいな状態の木が現れました。

 

湿気がこもると木はこのように腐ってきます(参考写真)

湿気がこもると木はこのように腐ってきます(参考写真)

 

 

 

家の健康

壁体内の通気で乾燥を保つ

家の乾燥状態を維持するために重要な役割を果たすのが、壁体内の通気です。エアサイクル工法では、屋根や外壁を覆う断熱パネル「Cmボード」の内側に斜めの溝をダイヤ状に掘り、通気層として利用します。

さらにエアサイクル工法は、床下から壁内、小屋裏に通じる空気の道を確保し、空気が行き来できるようにしています。床下と小屋裏には、手動で開け閉めする換気口を設置。上下の換気口を開けることで、床下から入る空気を小屋裏から逃します。空気が動けば、入り込んだ水分も乾燥します。シロアリや腐朽による躯体の被害を防ぎ、建物の長寿化へとつなげていきます。

エアサイクル工法システムの詳細を見る

壁体内の通気で乾燥を保つ

 

1.屋根遮熱断熱材「シャルーフ」

「断熱・排熱」に「遮熱」効果をプラスして、小屋裏の温度上昇を防ぎます。

もっと詳しく見る

  屋根遮熱断熱材「シャルーフ」

2.専用換気口「エアオープナー」

小屋裏と床下につける換気口。春に開けて、秋に閉じます。

もっと詳しく見る(小屋裏)

  専用換気口「エアオープナー」

3.外張り断熱材「Cmボード」

外断熱をしながら、空気の通り道をつくります。

  外張り断熱材「Cmボード」

4.オリジナル基礎工法「コラムベース」

ベタ基礎と一体化した円柱形の基礎。床下の風通しをよくします。

  オリジナル基礎工法「コラムベース」

 

家の健康

コラムベース基礎で建物を長寿化

エアサイクル工法では、ベタ基礎の上に円柱形の独立基礎を並べるコラムベース基礎を採用しています。床下空間に布基礎の立ち上がりがあると、空気の通り道が分断され、湿気を含む空気が溜まりがちになります。一方、床下に連続した空間を生み出すコラムベース基礎であれば、昔の家と同じように通気性の良い床下空間を生み出し、躯体の木材を適切な乾燥状態に保ちます。

建物の長寿化がうたわれる今日、もう1つ忘れてはいけないのがメンテナンスのしやすさです。ここでもコラムベース基礎は有効な役割を果たします。コラムベース基礎の床下は人も行き来しやすいので、建物に比べて寿命の短い設備の点検や更新も容易にできます。

コラムベース基礎工法 布基礎工法  

コラムベース基礎は、ベタ基礎の上に円柱形の基礎を並べた工法です。最近の木造住宅に多く使われている布基礎は床下空間が分断されるのに対し、コラムベース基礎の床下は連続した空間になっています。昔の家と同じように床下の通気性が高く、木材を適切な乾燥状態に保ちます。

 

コラムベース基礎工法システム