ページトップへ

探訪!20年後の壁の中

20年後の「壁の中」

20年後の壁の中

乾いた内部は結露・カビ・シロアリ知らず

長く住んでいる間に、家はさまざまな経年変化の影響を受けます。でもひとたび完成すれば、壁の中や屋根裏のように隠れた部分の様子を見ることはなかなかできません。乾燥状態を保ち、木が長もちするというエアサイクルの効果も、目で見て実感していただける機会はあまりないでしょう。

そこで20数年前に建てられたエアサイクルの家を訪問し、壁の中や屋根裏を開いて現在の様子がどうなっているのかを見せていただきました。いずれもエアサイクルが誕生した20数年前に、お客様にその良さを体感していただくために工務店の方が自ら建てたお宅です。

 

濃霧地帯でも乾燥を保つ

昭和61年竣工 静岡県 玉穂木材工業株式会社 様

 

蒸し暑い夏も除湿器知らず

昭和61年竣工 静岡県 玉穂木材工業株式会社 様