ページトップへ
  • お問い合わせは0120-13-3196
  • 03-5709-3196
だから、エアサイクルはいい

”自然体”だから気持ちいい

呼吸しながら温度と湿度を調節します

暮らしやすい家って、どんな家?

寒い冬の朝でも子供たちが裸足で駆け回り、抜き抜けのリビングに家族が集まってくる。うだるような夏の日も、エアコンに頼りっぱなしにならずに気持ちよく過ごせる…。そんな伸びやかな家づくりの夢を描くならば、間取りやインテリア以外にも気をつけるポイントがあります。

それは、家の中の「温度」や「湿度」を心地よく保つこと。夏は強い日射による暑さをやわらげ、冬は底冷えを感じさせないようなつくりにします。部屋がじめじめしないよう、湿度を低く保つようにします。目には見えないけれど、このような気配りをした家の心地良さは誰もが感じ取ることでしょう。

エアサイクルの家は1984年、そんな家づくりを目指して生まれました。仕組みは単純。建物のまわりをしっかり断熱し、壁の中などの空気が自由に動くようにしています。

  • 建物全体が呼吸しているようなつくりで、建物内の温度と湿度をほどよく調整します。
  • 湿度が低いから、骨組みの木が腐ることなく長もちします。

また、エアサイクルは、最新式の設備や機械で"完全武装"する工法ではありません。

  • 電気で動く設備や定期的なメンテナンスが必要な機械はなるべく使いません
  • できるだけ自然のエネルギーを活用します。

建物の中の空気を動かす仕組みも、温度差という自然の力を利用したもの。昔ながらの知恵と最新の技術をミックスした"自然体"の工法、それがエアサイクルの家なのです

次へ
呼吸しながら温度と湿度を調節します