ページトップへ
  • お問い合わせは0120-13-3196
  • 03-5709-3196
だから、エアサイクルはいい 3

心も身体も健康に

家全体が暖かく、カビ予防

エアサイクルの家は、気持ちよいだけではなく、健康にとっても嬉しい点を備えているのが自慢です。

冬の住宅でよく危ないと言われることに、ヒートショックがあります。ヒートショックとは、たとえば夜、暖まったリビングから寒いお風呂やトイレへ移った時に体験する急激な温度変化。特にお年寄りの身体にかかる負担は無視できません。

その点、エアサイクルの家は家全体を断熱材で包み、しかも、少しでも温度差が生じると壁の中の空気が動いて全体を均一にしていこうとするので、場所によって温度に極端な差が生じません。人がいる部屋も廊下もある程度一定の気温を保ちますから、どなたでも安心して生活していただけます。

もう1つ最近気になるのは、カビやダニによるアレルギー性疾患です。

カビやダニは、湿度の高い場所を好みます。壁の中の通気性をきちんと確保せずに断熱性能だけを高めた家や、無防備な断熱施工を行った住宅では、結露が生じやすくなります。結露はカビの原因となり、カビはダニの栄養となってダニの増殖に結びついてしまいます。

そんなカビやダニを発生させないために大切なのは、家に湿気をこもらせないこと。エアサイクルの家は、床下や壁の中、小屋裏の空気が常に動いて内部を乾燥状態に保ちますから、カビ・ダニを予防しお子さまの健康を守ります。

家全体が暖かく、カビ予防

乾燥状態を保つ床下と壁内

1986年に建てられたエアサイクルの家の床下。

1986年に建てられたエアサイクルの家の床下。20年以上たってもじめじめした感じはまったくなく、乾燥状態を保っています

屋根裏の柱・玄関脇の柱

木も乾燥しています。含水率(木に含まれる水分の比率)が20%を越えると木の腐食やシロアリ被害を受けやすくなりますが、ここでは15%前後の低い状態を保持していました