ページトップへ
  • お問い合わせは0120-13-3196
  • 03-5709-3196
だから、エアサイクルはいい 4

自然の力を生かします

昔の知恵を現代にアレンジ

エアサイクルの家は、地球環境に配慮し、省エネルギーを考えたつくりになっています。

たとえば空気を流す仕組みには、自然の力を活用しています。夏、熱くなった屋根裏の空気を換気口から逃がし、床下の涼しい空気を壁内から屋根裏へと引き上げる動きは、熱い空気は上昇するという自然の原理を生かしたもの。機械や電気の力を借りていないので、余計なエネルギーを使いません。

また、エアサイクルで用いている機構はシンプルです。換気口を春に開いて、秋に閉じる。年に2回手動の動作を行うだけです。このように仕組みは単純であればあるほどメンテナンスいらずで、長もちもします。

できるだけ機械に頼らず、自然の力を生かそうとするエアサイクルの考え方には、昔の日本の家屋でつちかわれてきた知恵も反映されています。

かつて日本では、深い軒やひさしをもつ家が一般的でした。深い軒やひさしは、暑い夏に高い位置から照りつける強い日差しを遮り、涼しい陰を生み出します。また地面と建物の床面の間には、縁の下のような大きな隙間がありました。地面で冷やされた空気が床下空間を自由に行き来することで、建物の温度は下がり、床下も乾燥します。

ですからエアサイクルの家では、できるだけ大きな屋根をかけ、軒やひさしをつくるとともに、屋根でも熱をさえぎる工夫を取り入れています。また、床下にはコラムベース基礎工法を採用し、耐震性を確保しながらも束立工法のように通気性をしっかり確保します。このように昔の知恵を現代風にアレンジして、快適な家を目指します。

昔の知恵を現代にアレンジ