ページトップへ
  • お問い合わせは0120-13-3196
  • 03-5709-3196

長期優良住宅のご案内

長期優良住宅のご案内

長期優良住宅
ご案内

長期優良住宅って何?
長期優良住宅
長期優良住宅って何?

丈夫で長もちする家を目指します 丈夫で長もちする
家を目指します

RIYOCO HANASAWA RIYOCO HANASAWA

省エネルギーに配慮し、地震に強く、100年以上は使い続けられるような長もちする住宅。それが「長期優良住宅」です。

戦後の日本では、建ててから30年近くもたてば、古くなった家を壊して新たに建て直すことを繰り返してきました。でも建て替えにはお金がかかりますし、地球環境を考えると1つの家を大切に使っていくほうが好ましいのは当然です。そこで2009年に登場したのが、長期優良住宅の制度。質が高く、次の世代へ引き継いでいけるような家づくりを進めるため、一定の基準を満たした住宅を長期優良住宅と認定し、税制優遇などで後押しします。

エアサイクルは長期優良住宅?
長期優良住宅
エアサイクルは長期優良住宅?

長期優良住宅の認定に大変有利です 長期優良住宅の認定に大変有利です

エアサイクルでは、この制度が始まるより25年も前から、「高い省エネ性能」や「長寿命」といった長期優良住宅と同じ考え方の家づくりを進めてきました。

つまりエアサイクルの家は、長期優良住宅の認定を受けるのに有利な特徴を兼ね備えています。ご関心をお持ちの方は、エアサイクルチェーン本部までお気軽にお問い合わせください。

長期優良住宅にするメリットは?
長期優良住宅
長期優良住宅にするメリットは?

減税や補助金を受けられます 減税や補助金を受けられます

長期優良住宅にすると、さまざまな減税措置を受けられます。たとえば所得税の住宅ローン減税や投資減税型の特別控除が用意されていますし、固定資産税や登録免許税、不動産取得税にも減免措置があります。このほか国や地方の補助金を得られる、住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット50」や「フラット35S」を利用できるといった特典もあります。

なお減税や補助金、住宅ローンの制度を利用できる対象期間は決まっています。それぞれ事前の確認をお忘れないようお願いいたします。

どうすれば長期優良住宅になる?
長期優良住宅
どうすれば長期優良住宅になる?

省エネルギー、耐震性など7つの基準をクリアする省エネルギー、耐震性など7つの基準をクリアする

長期優良住宅と認められるには、お客様の地域を管轄する自治体に申請して、認定を受ける手続きが必要です。認定の基準は7つあります。

RIYOCO HANASAWARIYOCO HANASAWA
1.劣化対策

1劣化対策

100年程度は構造の骨組みを使い続けられるように、防水対策やシロアリ対策などを行うこと
2.耐震性

2耐震性

大地震が起こっても使い続けられるような耐震性を備えていること
3.維持管理・更新の容易性

3維持管理・
更新の容易性

内装や設備機器の補修や取り替えをしやすいようにしておくこと
4.省エネルギー性

4省エネルギー

高い断熱性能を備え、冷暖房の負荷を軽くすること
5.居住環境

5居住環境

周辺の良好な景観維持などにも配慮すること
6.住戸面積

6住戸面積

家は一定の広さをもっていること
7.維持保全計画

7維持保全計画

10年に1回の定期点検など、定期的な手入れの内容や時期を決めておくこと
長期優良住宅では、つくるだけでなく、しっかりメンテナンスしていくことも求められます。