ページトップへ

エアサイクルの専用部材

基礎断熱材

プラ基礎(打ち込み断熱基礎型枠)


プラ基礎


【施工の流れ】


優れた施工性と機能性により基礎工事をかなえます。

優れた施工性

<軽い>女性、高齢者でもラクラク安全施工

  • 型枠の材質は、ポリスチレンフォーム
  • 一枚当たり(大きさ:600×910)で1,483g(スチール型枠の10分の1以下の軽さ)
  • コンパネ、スチール型枠と比べ持ち運びがラクで、スピーディーに作業がはかどります。
  • 基礎現場は足場が悪く、重いものでは作業性が悪いばかりか危険です。

<簡単>支保工が少なく、熟練工いらず

  • 変わらぬ施工要領
    これまでのコンパネ、スチール型枠の替わりにプラキソを配置するだけ。出隅、入隅、T型の役物も有り簡単施工です。
  • 物件毎に割付し工場でプレカットするため常に安定しています。
  • 支保工は、上部の単管と簡単な端太のみ、セパレーターもワンタッチ接合
優れた機能性

<断熱性>基礎の100mm断熱

  • プラキソの材質はビーズ法ポリスチレンフォーム1号、熱抵抗は1.6(㎡・k)/w。〔(財)建材試験センター 試験結果より〕内外あわせて100mmで次世代省エネルギー基準を十分満足致します。
  • 冬季間のコンクリート打設後の養生はいりません。

<柔軟性>支保工が少なく、熟練工いらず

  • 寸法のバリエーションが豊富で、寒冷地から温暖地まで一般住宅のほとんどの基礎に対応可能。
  • 基礎の形状-一般布基礎、べた基礎基礎(布)高さのバリエーションH=400.600.750.900.1050

 

内貼断熱


 

床下空間を保護する断熱材

製品の特徴

ポイント1 / 基礎立ち上がり部における冷橋を内側で防御。

ポイント2 / 冬季床下空間(エアサイクル層)の保護。

ポイント3 / コンクリート打設時に同時打設。

 

> エアサイクルについて聞く 

> 詳しい資料が欲しい