ページトップへ

エアサイクルの専用部材

開閉式小屋裏(軒天)換気口

エアオープナーEMタイプ 


エアオープナーEMタイプ

 

春夏秋、冬モード切り替えのための電動開閉式小屋裏換気口。エアサイクルシステムの衣替えをします。

製品特徴

ポイント1 / 夏は開き小屋裏(エアサイクル層)にたまりこむ熱気を排熱。

ポイント2 / 冬は閉じ小屋裏(エアサイクル層)の保温効果を高めます 。

ポイント3 / 電動式により室内にいながら専用のスイッチひとつで操作が可能。

ポイント4 / 年数回の開閉だけのため電気代がほとんどかかりません。

 

エアオープナーTS-81タイプ


エアオープナーTS-81タイプ

 

温度を感知して自動開閉する軒天換気口。

製品の特徴

ポイント1 / サーモセンサーとバネ力により開閉機能を形成。

ポイント2 / 約13℃から開き始め約28℃で全開(角度50度)。

ポイント3 / 電気を使いません。

 

棟換気ボックス


 

棟は熱い空気のたまり場所。そこからの排熱する専用ボックス。

製品の特徴

ポイント1 / エアオープナーEMタイプ(電動式)が付属。

ポイント2 / 住宅のトップに開閉式換気機能を配置させることが可能であり、より排熱をさせることができます。

Cmボックス


Cmボックス

 

パッシブ換気機能を構成する専用部材。

製品の特徴

ポイント1 / 天井裏と棟換気を直接ダクトでつなげることにより躯体内の排気を促進します。

ポイント2 / 夏は小屋裏空間の空気を外部に排出させます。

エアポイント


エアポイント

 

効率の良い棟換気部材。

製品の特徴

ポイント1 / 棟部で自然に排気する効率の良い棟換気

ポイント2 / どんな屋根勾配にも対応

ポイント3 / 雨水の進入を表面張力で防止

ポイント4 / 外観を損なうことなく使用可能

 

> エアサイクルについて聞く 

> 詳しい資料が欲しい