毎日の暮らしの中で心の底から癒される

健やかな空気に包まれる暮らし

お子様の小学校入学に合わせて家を建てようと決めたご夫婦。
エアサイクルの家を選んだ理由は?
きっかけや家づくりのストーリーと実際の暮らしの様子をご紹介。

じっくり検討した住宅会社選び

 それまで同じ市内で社宅にお住まいだったH様ご家族。お子様の小学校の入学に合わせ、家を新築することに決めました。実は、ご主人と、今回施工した工務店の社長とは、小学校からの同級生。地元で評判のいい工務店というのは知っていたものの、そこは一生に一度の家づくり。まずは色々なハウスメーカーや工務店を奥様と一緒に見学し、しっかりと比較検討されたそうです。最終的に「この工務店がいいね」と決めたのは奥様。それを聞いてすごく嬉しかった、とご主人は微笑みます。

エアサイクルを知ったのは?

 それまでにエアサイクル工法に関しては聞いたこともなく、正直、そこまでこだわりはなかったというご主人。ただ、工務店からエアサイクル工法の説明をされた時、奥様とお子様がアレルギー体質のため、そういう家づくりは良いかもしれないな、と漠然と思ったそうです。他にも、夏涼しくて冬暖かい、エアコンをあまり使わなくても快適に過ごせる・・・そんなエアサイクルの良さを知ったのは、住み始めてからだそう。住宅会社を選ぶ段階では、家の間取りや素材、デザインなどの好みに重きを置いていたため、快適さは『最重要』ではなかったようです。ですが、結果的にご家族にとって大きな喜びとなっていきます。

変更に次ぐ変更

 最初にお二人が家を建てようと検討していたのは、もう少し街中にある別の土地でした。そこを工務店の社長と一緒に見に行き、まさかの「ここはやめた方がいい」という提案。交通量の多い道路沿いで、排気ガスや騒音、お子様の安全など、住んだ後のことを考えての意見でした。
 その後、近所に暮らすご主人のご両親が住んでいる家を二世帯住宅にしようという話が持ち上がり、また調査に。そこではなんと、法令上「建て替え不可」な土地であることが判明します。そして、その後に浮上したのが、ご両親がずっと以前からお持ちの、畑だった今の土地でした。「ここなら周りの環境もいいし、平屋も十分建てられるよ」ということで、ようやくプランニングがスタートします。
 ご主人は漠然と「平屋がいいな」と思っていたそうですが、住宅会社を決める際に見学した2階建ての家を気に入っていたお子様に押し切られ、平屋を想定していた建坪が少しコンパクトに。その代わりに、畑の一部をそのまま残せたそうです。
1階全体をぐるりと回れる動線や、使用時以外はリビングエアコンを隠せるようにしたり、後から風向きを考慮して設計変更した玄関には大型の収納を加えるなど、暮らしやすい工夫がたくさん。様々な種類の無垢材をふんだんに使用し、職人の手仕事や木の温もりを感じる家が完成しました。

住んだ後に知ったエアサイクルの魅力

 住み始めた冬にまず実感したのが、共働きで日中は留守にしているのに、帰ってきて部屋の中がほんのりと暖かいこと。また、アレルギー体質で、喘息でよく病院に通っていた息子さんが、病院に行くことがほとんどなくなったこと。「家で暮らしはこんなに変わるんだ」と喜びに満ちた毎日を過ごしているそうです。

住んでからここが変わった!
実感ポイント

  • アレルギーがひどかった息子が 病院に行かなくなった!
  • エアコンを使っていないのに、 冬、帰ってきた時に家の中が暖かい
  • エアコンをつけることがかなり 少なくなった。体感は半分くらい

3つのこだわり設計ポイント

住む前から絶対に叶えたいと思っていたこと
実際に住んでみて、叶えて良かったこと
  • 家族が一番多く時間を過ごす和室

    「和風の家がいい」というご主人の希望で、リビングの隣には設えた和室。その空間の想像以上の居心地の良さに、2階の主寝室を使うのをやめてしまったほど。家族3人で川の字になって寝ています。

  • おもてなし玄関

    現地の風向きを考慮し、後から設計し直した玄関は、当初はこの向きではなかったとか。室内には珍しい木材の鎧張の壁や高級感ある洗い出し仕上げの床など、お気に入りでいっぱい。

  • “倉庫”という名前の男前ガレージ

    もともと、趣味の車のためにはカーポートを設置するくらいの計画が、台風などの災害を考慮し設計を変更。ほとんどお任せでつくったという倉庫は、ご家族ご自慢の楽しい遊び場に!

お気に入りポイント

  • ご主人の趣味を堪能する倉庫。車のメンテナンスをしながら、仲間と楽しくお酒を飲んだり。

  • リビングの造作棚は、職人さんが丁寧に丁寧に仕上げたもの。ご主人はお酒をコレクションし、奥様はご自身の好きな植物を飾っています。

  • もともとご夫婦の寝室として考えていた部屋は、子供部屋に。和室の居心地が良すぎて、自然にそうなったそうです。

PlanningPoint

ぐるりと回れる動線で叶える いつも家族の気配を感じられる和の家。

「そのうち、友人たちを呼んで、お酒を飲むのが楽しみなんです」やりたいことは全て叶い、何の不満もなく日々を楽しんでいるという仲良しのご家族。この家はどんな家ですか?と尋ねると奥様が一言「癒やし、です」。その言葉通り、招かれた人たちもきっと居心地の良さに長居したくなる、ご家族の温かさに包まれた家。自分たちでまだ整えている最中、という外構の完成も楽しみです。

HOUSE & FAMILY DATA
  • 所在地
    宮崎県延岡市 H様
  • 家族構成
    ご夫婦+お子さま1名
  • 居住歴
    1年7カ月(取材時)
  • 延床面積
    122.20m²