構造・性能Performance of Structure

「エアサイクルの家」は、
自然のチカラを最大限に利用して
快適性を実現するために、
基礎からオリジナルの工法で
つくられています。

エアサイクル工法では
機械的なシステムを極力排除し、
自然のチカラを利用した
パッシブデザインを採用しています。

夏は床下の涼しい空気と
煙突効果で熱を外へ

夏は、床下のひんやりとした冷気を利用して、床下の給気口から入った空気が壁を通り小屋裏から熱を逃がします。これは「熱い空気は上昇する」という自然の原理を活かしたもので、機械の力で強制的に行う給排気ではありません。壁の中に空気を流すことで嫌な湿気も排除し、室内はカラリとした涼しさです。

夏の空気の流れを動画でご紹介

冬は冷気を遮り、
ひだまりの暖かさを取り込む

冬は、小屋裏床下の給排気口をぴったりと閉じ、冷気をシャットアウト。日射熱や、室内から放出される熱を通気層に閉じ込め、家全体をふんわりと包みながら、壁や床からのひんやりする冷えを抑えます。夜間は昼間に屋根や壁、床下に蓄えた熱を利用して冷却を防ぎます。

冬場の空気の流れを動画でご紹介