これから、もっと「好き」を増やそう。

家族の「好き」を 詰め込んだ暮らし

それまで家を建てよう、なんて全然思っていなかったというご夫婦。
共通の趣味を愉しみ、大切にするお二人が、お子様を育てながら
エアサイクルの家に暮らすまでのきっかけや家づくりのストーリーと
そして実際の暮らしの様子をご紹介。

普通の家、なら持たなくてもいい

 だけど、もう少し広い家には住みたい。子どももこれから大きくなるし・・・心のどこかでは「家を買いたいな」という思いはあったかもしれない。でも何となく「無理かな」「大変そう」「どうやって見つけるんだろうね?」と話すだけで、積極的な情報収集や住宅展示場に足を延ばすほどの行動には至っていませんでした。
 そんな時に何気なく「薪ストーブ」「土間リビング」「ガレージハウス」など、自分たちの好きな言葉で検索していた時に、この家を建てた建築会社さんのホームページにたどり着き・・・興味を惹かれて施工事例を覗いてみると、自分たちの心の中でぼんやりとしていた理想がカタチになっている事例を見つけて、まさに「一目惚れ」。自分たちが探していた暮らしはコレだ!、と思いました。
 そこからの行動は早くて、ドキドキしながら建築会社さんに問い合わせすると、私たちの理想に近い暮らしをされているOBさんのお宅に連れて行ってくれて、実際に見て、気持ちが固まりました。

エアサイクルとの出会い

 見学したOBさんのお家の吹き抜け空間には包み込まれるような安心感があり、頂いていたパンフレットの「エアサイクル工法」の魅力を実感。
 理想的な間取りにできて、さらに「夏涼しくて冬暖かい」が叶うのなら最高ですよね。住んでいた賃貸アパートは、冬場の結露とカビに悩んでいたので、エアサイクルについて色々とご説明していただき、知れば知るほど惹かれていきました。長い年月を過ごす家で、自分たちも家も健康に保てる。見えない構造部分だけど、だからこそこだわりを持つのが大事だと感じ、決めました。

家づくりって、すごい!

 今まで「どこに置こう?」「入らない・・・」と思っていたものや、いざ使う時に出し入れが面倒なたくさんの工具類、車のパーツ・・・。それらを全部飾りながら保管。本当に私たちにぴったりです。
 吹き抜けの壁はOSBという構造用のパネルで、本来はこの上に壁材を貼るようですが、あえてこの無骨なパネルを見せてます。構造材をむき出しで壁材として使用しても、家全体はエアサイクルの空気の層に包まれているので、暑さや寒さに強いとのこと。実際に暮らしてみて、土間のコンクリート部分では夏は自然のひんやり感が感じられるのに、冬は底冷えするようなこともないんです。外の温度を忘れてしまうくらい。
 開放感と快適性、そして収納などの機能面、デザイン・・・家づくりを考えていなかった頃から思うと、こんなにも理想的な生活が手に入ったなんて改めてすごく幸せだな、と思います。

 開放感と快適性、そして収納などの機能面、デザイン・・・家づくりを考えていなかった頃から思うと、こんなにも理想的な生活が手に入ったなんて改めてすごく幸せだな、と思います。

ずっと、自分たちらしい暮らしを

 これから子どもが大きくなって、きっと家族の趣味もまた増えていきます。棚を作ったり、外に好きな木を植えたり・・・「家が完成したら家づくりは終わり」ではなく、生活しながら少しずつ手を加えて行こうと思っています。将来、子ども部屋を2つに分けたり、書斎を作ったり・・・なんて、今からワクワクしています。

住んでからここが変わった!
実感ポイント

  • 以前の賃貸アパートよりもずっと 広いのに、光熱費が変わらない!
  • 友人たちを家に招く機会が増えた 特に冬に薪ストーブは喜ばれる!
  • 夏の暑い日、冬の寒い日の辛さを 家にいると感じなくなった!

3つのこだわり設計ポイント

住む前から絶対に叶えたいと思っていたこと
実際に住んでみて、叶えて良かったこと
  • 家の中心に薪ストーブ

    奥様がどうしても実現したかった「薪ストーブのある暮らし」。レンガ・コンクリート・木など様々な素材を組み合わせることでインテリアの映える個性的な空間に。また、薪を置くためのスペースをアプローチに設置し、外観も美しく演出。

  • 吹き抜けの土間リビングと見せる収納

    使い勝手を考えながら天井近くまで組んだ棚や壁に、趣味の道具を飾りながら保管。夫婦共通の趣味を詰め込んだ空間は、ご夫婦と同じくらいお子様も気に入っている様子。

  • 子どものための、リビング続きの和室

    基本的には扉を開放してある和室。壁際の机は足を入れられる工夫があり、余計なものは置かずに済みます。お子様がおもちゃをいっぱいに広げて遊ぶことができ、片付けも楽です。

お気に入りポイント

  • 「もうこれなしでは暮らせない!」奥様が絶対に譲れなかったミーレの食洗機は、家族とゆっくり過ごす時間を増やしてくれました。そして、キッチンは夏も冬も隅々まで快適なのが嬉しい。

  • 暖房とは全く違う生活道具である薪ストーブ。薪を足す一手間も愛おしい時間に。

  • 土間リビングでは道具のメンテナンスもラクラク。親子のコミュニケーション時間も自然に増えます。

PlanningPoint

どこを見ても「カッコいい!」 骨太で開放的なスタイルの家

この家を一言で表すなら?

「大きなワンルーム!」

奥様のこの一言が印象的だった、愛知県にあるエアサイクルの家。好きなものに囲まれた暮らしは、こんなにも家族を笑顔にしてくれます。
そんな日々を過ごすことの喜びを教えてくれた素敵なご家族のストーリーでした。

HOUSE & FAMILY DATA
  • 所在地
    愛知県常滑市
  • 家族構成
    ご夫婦+お子さま1名
  • 居住歴
    9ヶ月(取材時)
  • 延床面積
    113.67m²
施工工務店㈱岩橋建築