自然の素材のやさしさに包まれて

ほっと落ち着く、 ぬくもりの暮らし

祖父母の家を自宅として建て直そうと考え始めた時には、大手工務店の「床暖房」に惹かれていたご夫婦。
エアサイクルの家を選んだ理由は?
きっかけや家づくりのストーリーと実際の暮らしの様子をご紹介。

最初にいいなと思ったのは・・・

 お隣に主人の両親の自宅、反対側に主人の弟さんが数年前に新築で建てた家。中心に建っていた主人の祖父母の家の敷地に、タイミングを見て家を新築しようと以前から決めていました。
「そろそろ考えようか」と、とりあえずいくつかのハウスメーカーのモデルハウスを見学。その中で気に入ったのは、床暖房+自然素材+和テイストの某有名工務店の家でした。床暖房があったかくていいね、って。宮崎は暖かいところと思われているけれど、やっぱり、冬は寒いんですよ(笑)。

エアサイクルとの運命の出会い

 その後に、主人の友人が地元で工務店を経営されていると聞いて、ちょっとお話を聞いてみようかと展示会にお邪魔させていただきました。その場で参考にといくつか図面を見せてくれたのですが、それが、私たちの理想の間取り!たとえばリビングの吹き抜けとか、間仕切りが少ないこととか、細かいところではトイレやお風呂場の場所とか。さらに、ハウスメーカーとは全然違う家づくり・・・木材などの選び方、使い方や、壁も天井も調湿効果のある漆喰を選んでいること、家具や建具も職人さんの手づくりにこだわっているところがとてもいいなと思いました。
 そして何よりも魅力に感じたのは、大がかりな機械ありきの工法とは違う「エアサイクル工法」の自然のちからで家全体を守るという考え方。さらに日光を緻密に計算し、自然のエネルギーを最大限に利用するという、家づくりへの熱い想いを色々と聞くうちに、自分たちの求めていた暮らしのかたちがはっきりと見えてきました。
 一生住む家だし、せっかくならこだわりたい!とワクワクしながら決めました。

スタッフの皆さんと一緒に

 「旅館みたいな玄関が憧れ」「できれば平屋に住みたい」「バスケットコートが欲しい」次々に出てくる私たちの希望を叶えるために、社長さんは本当に知恵を絞ってくれました。
 平屋は、残念ながら敷地面積は十分にあるものの、家の裏に古墳がある関係で、諦めるしかなくて。法令的なものなので、これは仕方なかったです。
 そのかわり、「平屋がいい」と思っていた私たちの気持ちを汲んで、子供部屋だけを2階にする開放的な間取りを提案していただきました。細部はほとんどお任せでしたが、仕上がりを見て、職人さんたちの丁寧な手仕事に惚れ惚れ。世界に2つとない私たちの家ができた!と感動しました。

工務店のスタッフの皆さんも総出で重たい石を運んでくださったり、庭造りをサポートに来てくださって!皆で一緒に楽しんだ家づくりでした。ずっと寄り添ってくれる、地元の工務店さんならではの安心感や信頼感を実感しましたね。

自然のちからを実感する日々

 じめじめした暑い日でも、家の中は不思議なくらい快適!住んでから気づきましたが、それは漆喰が湿度をコントロールするからなんだそう。昔からの日本人の知恵を活かして計算したという、軒や庇、窓の角度。夏は真上からの強烈な日差しを遮り、冬は斜めにやさしく差し込む日光の恵みをたっぷり取り込む。暑い、寒いを自然のちからで快適に感じられる暮らしに、心から満足しています。

住んでからここが変わった!
実感ポイント

  • 太陽光+エアサイクルで光熱費が 激減!エコな暮らしを実感。
  • ご主人の両親、弟さんのご家族と コミュニケーションが充実。
  • いつでも家族がどこにいて何を しているかわかり、安心できる。

3つのこだわり設計ポイント

住む前から絶対に叶えたいと思っていたこと
実際に住んでみて、叶えて良かったこと
  • 旅館のようなおもてなしエントランス

    深い軒と敷石がまるで旅館のような雰囲気を醸し出すアプローチ。軒天に杉板をふんだんに使った贅沢な空間で、ゆったりとした日常を毎日楽しめます。
    夜は行灯のほのかな灯りが帰宅する家族の足元を、暖かく照らしてくれます。デザインのアクセントでもある天然木のルーバーは、玄関から家の中が丸見えにならないよう、目隠しの役割も。

  • 心地よく風が通る、家族の図書館

    2階にはたっぷりと空間を確保した共有スペース。壁際の書棚には、家族それぞれの宝物をディスプレイするように収納。整理整頓の習慣や、モノを大切にする心が養われます。

  • リビング脇の多目的カウンタースペース

    お子様のお勉強の時間も、ママが温かく見守ってくれる。こんなスペースなら、お絵かきや宿題も楽しみになりますね。家族共有のオープンスペースは、使い方自由自在。

お気に入りポイント

  • 飾り棚も、全て職人さんの手作業。エアサイクル工法と相性抜群の漆喰は、家の中の湿度を自然にコントロールしてくれます。

  • 和室の天井に1枚板を使用し、純和風の空間にモダンな雰囲気を演出。ちなみに、ダイニングテーブルは銘木、日光杉の一枚板を使ったオリジナル

  • 敷地内を車が通り抜けできる外構プランとともに叶った、夢のバスケットコートがある空間。

PlanningPoint

細やかで繊細な職人技を感じる 和モダンの家

「エアサイクルの良さを一番実感しているのは、もしかしたら父かもしれないですね!」
共働きで忙しい奥様のサポートで洗濯物を取り込んでくださる(!)のはご主人のお父様。そのため、暑い日や寒い日の冷暖房なしの家の状態を誰よりご存知だそうです。「自宅よりこっちの方が快適」と照れながら微笑むお父様。なんとも羨ましくてほっこりするエピソードでした。

HOUSE & FAMILY DATA
  • 所在地
    宮崎県延岡市
  • 家族構成
    ご夫婦+お子さま3名
  • 居住歴
    1年(取材時)
  • 延床面積
    127.52m²