37

「宮沢賢治ゆかりの宿を改築」
【デザインコンテスト投票受付No.23】

「宮沢賢治ゆかりの宿を改築」
【デザインコンテスト投票受付No.23】

岩手県 自由設計
施工工務店千葉建設㈱

明治時代に創業した旅館は東日本大震災による建物被害で惜しまれながらも廃業を余儀なくされました。宮沢賢治が泊った宿としても有名で廃業後も“宮沢賢治ファン”が度々訪れる巡礼スポットとなっています。「惜しまれながらも解体...」と地元の新聞の一面に載るほど地域からの注目度も高く、ご家族の思いの詰まった改築となりました。

設計のポイント

  • 賢治の泊った宿を再現

    増築や修繕を繰り返し当時の原型を失っていました。大正時代の写真を入手し、創業当時をイメージできる外観としました。

  • 賢治が見た風景を残す窓

    賢治が泊ったとされる部屋から見える「街並み」と「五輪峠」の風景は「人首町」という詩にも登場します。『2階からの風景をそのまま残したい』という建て主の強い希望もあり、高さも位置も当時のままで窓を配置しました。

  • 古材を再利用

    旅館時代の床柱や框を再利用し、モダンを懐かしさを感じられる内装としました。

アルバム

施工工務店千葉建設㈱