79

絶景と暮らす傾斜地の家
-2022デザインコンテストエントリー作品

絶景と暮らす傾斜地の家
-2022デザインコンテストエントリー作品

神奈川県 自由設計
施工工務店神奈川エコハウス㈱

眼下に大海原を望む斜面地を見染めた建て主。気長に待つこと1年余り、土地が手に入ることになって計画がスタートしました。
接道する敷地北側は平坦ですが、そこにはガレージ棟とアプローチのみを配し、住宅は斜面地に配置して小さなブリッジから2階の玄関に入る構成です。リビングに入ると大空間と大きな開口部に迎えられ、窓を全開すると絶景が広がります。
1階にある寝室と客室は、障子と木製ルーバーを開口部に重ね使いし、杉中杢板の目透かし張り天井で和の雰囲気にしました。寝室と客室からはもちろん、夫婦各々の書斎、浴室からも抜群の眺望を楽しむことができます。

設計のポイント

  • 傾斜地に建てる

    1,2階ともに南から西にかけて軒の深いベランダが回ります。
    1階は1間ピッチに柱が立つので回廊の様な雰囲気。2階ベランダは空中に跳ね出す開放感で、青空下のデッキリビングです。

  • 曲がり梁と匠の技

    国産松の曲がり梁を使った手刻みの小屋組み、アイランドシンクを含む家具造りのキッチン、建て主と縁のある島根県の建具屋が製作した組子障子と組子欄間、どれも職人技が光ります。

  • 景色との一体感

    雨戸、木製サッシ、組子障子を重ね使いした開口部を全開すると、眼下に大海原が広がり、大自然との一体感を感じます。

アルバム